前へ
次へ

眠りの質にも関わる朝食という時間

朝食は必ず食べることは、生活習慣で取り入れています。
朝食を摂ることで体温が上がり、体が活動モードに切り替わります。
毎日決まった時間に食べることで、体内時計のリズムも整いやすくなります。
朝食を食べる習慣の無い人も、牛乳や野菜ジュースだけでも摂るようにするのがおすすめです。
また、昼食後に訪れる眠気には、10分から20分程度の短い睡眠を取り入れれば、脳をスッキリさせられます。
食事と快眠は深く関係しています。
不規則な生活が続いて朝寝坊が続くと、体内時計のズレが広がります。
例えば、食事を摂った時にも、体内時計にスイッチが入ります。
空腹の状態が長く続いたあとに食事をすると、体は朝食と勘違いして、目覚めモードに切り替わってしまいます。
欠食や夜遅くに食べる夕食は、体内時計を乱しやすくしてしまうので、まずは、体内時計のリズムを整えるため、朝食をしっかり摂りましょう。
加えて、睡眠の質を向上させましょう。
朝スッキリ目覚めると、朝食を食べて、トイレに行くという排便習慣もつけやすくなります。
眠りと食事に満足感があれば、気持ちも前向きになります。
朝なら満腹になるまで食べても、エネルギーとして使われます。
満腹と感じるレプチンが働くと、太りにくくなる研究結果もあります。
このためには、質の高い睡眠がカギを握ります。

食品分析のプロフェッショナル集団
本当に安全な食品をお届けいたします

名古屋地域トップクラスのエアコンクリーニング

急な発熱の際にも利用可能なベビーシッターサービス|神戸のマムメイド
病児の面倒も見られるので、急な発熱などの際も安心です。

神戸で家事代行を依頼するならこちら
共働きで家事に時間を割けないといった方でも便利に利用できます。

安心して高校生の留学をまかせられる会社
実際に留学生を送り出す現地校などの様子をしっかりと視察してくれているので、安心です。

Page Top